Fall In Love With You

足りない1つの線を見付けたい

0405 治外法権に酔った話

 

 

3月最後の日曜日、久しぶりにライブハウスに足を運んだ。いつものように一人で。はじめて行くハコだった。

今回の目的は以前もこのブログにて感想を綴った「空きっ腹に酒」(以下、空きっ腹)というバンドである。全5組のバンドが出演したが、空きっ腹以外まったく聞いたことがなく、一組を除いては今後もまったく聞かないのだろうなと思った。今回はそのライブの感想を綴る。

※ジャニごと・妄想の類ではありません。

 

 

 

 

一組目二組目ともに「若い人が好きそうだな」と思ったことは覚えている。メモを見かえしてもロクなことを書いてない上に、ライブハウスにはわたしも含めてブスしかいねぇなだの、危うく後ろと隣のぶつかってくる女ぶっ★すとこだっただの不穏なことしか書いていなかったので割愛する。

勘違いしないでいただきたいのだが、わたしの好みに合わなかったというだけでバンドそのものをdisりたいわけではない。ファン共は気に食わなかったけど。

 

 

 

三組目、勃発というバンドが出てきた。スタンバイ・音出しの時点でギタリストが短パンなことに気づきどこかホッとする自分がいた。滝善充さんお元気ですか。

正直、曲で何を言ってるのかはさっっっぱりわからなかった。だけど、あまりの勢いと気に心を掴まれた。音がでかくてうるさくてはやくて というわたしの好きな要素を完全に満たしており三組目の彼らの演奏を聴いてやっとわたしは「ああライブハウスに来たんだなぁ」と思った。

ボーカルのお兄さんは絶妙に格好良いんだかダサいんだかキモいんだかのラインを片足立ちしているような見た目であったが、MCだか曲間だかで発した言葉にやられてしまった。

「現実を見ろ」「許されるのはライブハウスだけだ」「治外法権だから、」

そう言い放つ背中に血液が逆流しそうになった。普段、ライブに行くと記憶がすっ飛びがちなわたしであるが珍しくメモ無しに記憶に残ってるシーンだ。

「でかい声ででかい音で速い曲を」

とも言っていて、パフォーマンスはまさにその通りだったしどおりで好きだと思うわけだ…としみじみしてしまった。彼らはわたしの地元のバンドなので、また観に行きたいと思った。

 

 

 

そんな勃発を経て四組目、空きっ腹に酒の登場である。

スタンバイの一番初めにドラムのいのまたさんが現れたのだが、クールだった。次に現れたベースのシンディさんも、クールだった。何度かこのブログで綴っている『ミソッカス(みそっかす)』のリズム隊のお二人はゴリゴリと圧倒的攻撃力を担っている感じなのだが、空きっ腹のリズム隊のお二人は冷徹に有無を言わさず仕留めるような雰囲気を纏っている。

続いてギターのにしださんが現れた。髪の毛は相変わらず真っ赤で、紺か黒の花柄のシャツの中に黒いタンクトップを着ていて、黒いスキニーパンツを履いていた。容姿はほぼチンピラである。えっ無理!!!!!!!!!死ぬほど格好良い!!!!!!好きです!!!!!!!!!!高校生の頃は下手ベーシスト推しのオタクだったが、初めてミソッカスを観てノブリルさんに白く記憶を奪われてからすっかり上手のギタリスト推しのオタクになってしまった。何の話だよ、と思われたかもしれないがその、あの、上手前から二列目でにしださんの真ん前ロックオンだったので感想と言いつつにしださんの話多めです!!!!!

にしださんがセッティングをする様子を眺めメモをとっていたのだが、

「無理」「笑ってる可愛い尊い」「アーーーッ背中ーーーッ」「腕まくりがやばい」「黒スキニー似合いすぎ」「黒スキニーに愛されし男」「多分雷を使う男」「脚長すぎて踏まれたい」「お尻が小さい」「コードになりたい」「濡れツヤまぶた」「伏せ目で唇を触る手が性的」「半開きの口最高」「照らされてるにしださんえろすぎてむりでは?」「えっえろすぎる死ぬ」

と主観と欲望に満ち溢れたことしか書いていなかった。でもほんとににしださん超絶格好良くて強くて麗しくて2次元みたいなんですよ……みんなにも生の、ライブハウスでのにしださん見てほしい…見て……

ボーカルのゆきてるさんはスタンバイに姿を見せず、SEが鳴るのを待った。

 

ライブが始まってから安定に記憶はすっ飛んだ。セトリもろくすっぽ覚えてない。だが、およそ2年ぶりに見る空きっ腹に酒は、相変わらず圧倒的だった。

にしださんのギターも、ハモリも、低空飛行のステップも、とにもかくにも格好良い!!!と絶賛したいし、だけどリズム隊の轟かすお洒落なのに冷たくて格好良い低音も、ゆきてるさんのフロア一人一人を射抜くかのような姿も、全部全部良くて、自分の目で見てるこれが現実なんだと思うとちょっと怖くなるくらいだった。格好良すぎて痺れるのに、頭と身体が勝手に揺れて踊り出してしまうのは空きっ腹ならではの快感だと思う。

 

「愛されたいピーポー」という曲がある。わたしはそれを聴くたびに心を刺される錯覚を起こす。大好きで、だけどどこまでも生々しく痛い曲だ。そのイントロを目の前でにしださんが弾いてる。ライトの加減で濡れたようにつやつやした瞼が、伏せられた目が、その影が、あまりにも美しくて、でも弾いてるのは痛い曲で、喉が締まった。何度も何度も聴いて、傷に塩を塗り込まれて胸を掻き毟りたくなった大好きで冷たくも温度のあるその曲は、やっっっぱり最高だった。

 

今回は「酔e.p」のリリースツアーだったので、それに収録されている「血が走るのがわかった」「グッドラック飢渇」も披露したのだが、今のわたしが欲しくて、今のわたしを的確に刺す二曲であった。

「血が走るのがわかった」は詞に心をサクサク刺されつつも、にしださんのギターがほんとに好きで、好きで、初めて聴くのに好きすぎて、頭が真っ白になった。あのカッティングと指さばき、何が起きているのかわからなくなる。ほんとにほんとに格好良かった。語彙が出てこない。

「グッドラック飢渇」も、もちろんめちゃくちゃ格好良かったのだが、こちらはどちらかというとボーカルのゆきてるさんが詞を繰り出してくるたびによりザクリ、ザクリと心が崩れる気がした。読まれてる、今のわたしを、今のわたしの状況も心も全て、全て分かってて知らないような顔で「お前のことやぞ」と知らしめるような、そんな感覚に陥る。ゆきてるさんは当然わたしのことなど何も知らない。けれど、あの目の前に嘘をつくことも隠すことも取り繕うこともすがることも出来ないと、全て白状してしまいそうになる。そんな詞にバカみたいに踊り狂える音を、思考をぶっ飛ばすような音に確実に脳みそを回転させるような詞を。空きっ腹はとんでもないバンドである。

MCは相変わらず面白かった。ゆきてるさんは言葉をほんとに巧みに操るなぁと思いつつ、あんな格好良いギターのにしださんが喋るとかわいみが溢れ出てきたしんどかった。間の取り方が上手なのだろうか、大阪のバンドだからと言うには彼らは面白すぎる気もする。

「夜のベイビー」という彼らの楽曲がある。ライブハウスに来る人間を全て肯定してくれるその曲で、泣きそうになった。また絶対に観たいなと強く思った。
 
 

空きっ腹に酒は鮮血のような赤だ。

人間としての、エロではない色気(個々人はめちゃくちゃ格好良いしエロ的な色気もある)で全部巻き込んで熱くさせていくような、むせかえるようで、でもどこか氷のようで、纏っている色が鮮血のような赤に見える。

それは、妬みや恨みのように見えるのかもしれないし、怒りにも近くて、だけどそこにあるのは圧倒的な寛容と許容と受容だ。それは、心を撃たれ、刺されるけれど、不器用な抱擁に近いのかもしれない。はじめて彼らを観た時の感想が「抱かれた」であったのも今思えば腑に落ちる。
わたしはゆきてるさんが一人一人を射抜くように、でもどこか愛おしげに見るその視線が大好きだし紡がれる詞もフリースタイルも言葉も大好きだ。
空きっ腹に酒、強くて格好良くて、何度だって抱かれたくなる。
 
 
 
5組目のバンドは帰りの時間が迫っていたのであまり落ち着いて観れなかったのだが、初っ端からおっぱいに関する曲を披露したのに衝撃を受けすぎて正直大変失礼ながらおっぱいのバンド、貧乳を愛でるバンドという印象しか残ってない。
アンコールを観ていたら間に合わない…!と暗転中に物販のお姉さんに声をかけ、空きっ腹の音源を手にライブハウスを飛び出し、わたしの今年の初現場は終わった。
 
 
 
 
今までリリースツアーというと、音源を購入し聴いてからライブの流れが多かったので、今回のライブで曲を聴いてから音源を購入の流れは新鮮だった。この曲のこの部分はこうだったのだなぁとか、詞のこの部分はアレンジされていたのかなぁとか、目を閉じて聴くとあの夜のステージが思い浮かんで何度も心が疼く。
ライブでは披露されなかった音源の三曲目「Raw Like Sxxt! feat.森心言」もめちゃくちゃ格好良くて最高だった。前半と後半で全然違うビートというか、どんどん攻撃力を増してく感じ?にテンションがブチ上がる。ゆきてるさんの声が大好きなのでわざわざフューチャリングしなくてもなぁとちょっと思っていたのだが森心言さんの声もとっても良い。ここ最近はこの三曲ばかりリピートしている。
 
いやほんとまじでめっっっちゃ格好良いんですよ空きっ腹に酒。格好良いしか言えないくらい格好良いので、これを読んでくれたあなたの街のライブハウスで是非一度観てほしい。
お付き合いありがとうございました♡