Fall In Love With You

繋がれた箱の中の愛を

(移行記事)0820 前を向きながらもぼろぼろ泣いている話

0820 前を向きながらもぼろぼろ泣いている話
2015/08/20 10:40
 



勢い、突発的な熱量で好意を膨らませ、作成されたこのブログで、書いてるわたしと書かれてる丸山さんがいかに出会ったかは好意が流行り廃りに関係ないことがわたしの中で確定してから書きたいと思う。(どうでもいいか)

とっつきにくい出だしになってしまった。こんにちは。

今回は8月5日発売の関ジャニ∞「前向きスクリーム!」を8月13日に買ったことについて。
前記事でも書いたがわたしはバンドを追っかけているので好きなバンドの新譜は多少無理をしてでも買う。入荷日(いわゆるフラゲ日)や発売日当日にタワーレコードに行って、画像でしか見ていなかったジャケットを実際に見て、それだけで満足しそうになりながら『わくわく』手にとり『どきどき』レジに並ぶ。帰りの地下鉄ではもう黄色い袋の中身を何度も覗いて、家に着いたらすぐウォークマンにとりこむ。自室で聴いて『ぞくぞく』と『にやにや』とする。ブログなので面白みのあるように書いてはみたが読み返すとわたしはなんだか阿呆みたいだ。
関ジャニ∞の「前向きスクリーム!」は8月5日に発売、あれ?確か13日に買ったことについてとか書いてあったぞ?……そう、わたしはフラゲも当日購入もしなかったのだ。

そもそも買うつもりなどなかったのだ。(丸山さんや関ジャニ∞のことが好きなのになんという発言!)CMで、バイト先の有線で、聴こえてきて「あ!ふふふ」ってなるくらいで幸せな(はず)だった。
のに!8月7日放送のミュージックステーションを観て!わたしという人間は!まんまと!購入を決めたのだった。
歌っている関ジャニさんはやっぱりやっぱりやっぱり、格好良くて可愛くて素敵だった。カメラに向かって顔をキメるメンバーさんがたまらなく愛しくなった。そして曲が好みだった(これ)。この歌詞を、丸山さんが歌っているのだと思うと、ありきたりでベタだがわたしに向けて歌ってくれてるんじゃないかと、思ってしまった。毎日毎日バイトに行きたくない、布団から出たくない、人とコミュニケーションをとるのが怖い、そんなことを思うわたしに「前向きに」と言ってくれているようで、毎日聴いて元気をもらっている。

わたしが買ったのは通常盤だったのだが(本当は全種類買いたかったがわたしはドのつく貧乏学生だ)、カップリングの曲が丸山さん作詞だと知ったのはミュージックステーションで見て買うことを決め、買いに行く日のことであった。神様は見てるのか…と思った(大袈裟)。「夏の恋人」である。聴き始めて一回目はノリの良いアイドルソングだなぁと思ったが、歌詞を見ながら二回目、丸山さんの顔を思い浮かべてちょっと泣いてしまった。どうしようもなく好きだと思ってしまった。好きだ。好きだ。本当は歌詞に赤ペンを入れてどこがどうなのか綴りたいがそれを冷静に出来ないくらい愛しさが溢れ出てしまう。丸山さんありがとう。丸山さん好きです。

バイトに行くのはやっぱり嫌だし人とコミュニケーションをとるのはしんどいけど、前を向こうと思えるのはアイドルのおかげで、それでもつらくて逃げたい時に、泣きながら頑張れるのはこれまたアイドルのおかげである。